AGAを治す前に|抜け落ちる髪をクリニックのaga治療で食い止めよう

抜け落ちる髪をクリニックのaga治療で食い止めよう

AGAを治す前に

髪の毛

AGAはストレスや遺伝をはじめ生活習慣など様々な要因が絡みあって発症します。そのためAGAの原因を一つの要因に求めるのは難しいのですが、なかでも男性ホルモンに含まれるテストステロンは大きな要因となっています。テストステロンは毛髪の健全な成長に欠かせないホルモンの一つですが5α還元酵素と結びつくとジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛促進物質へと変化します。このジヒドロテストステロンが毛乳頭のレセプターと結合してしまうと毛のヘアサイクルに乱れが生じてしまい薄毛症状が現れるようになるのです。このAGAは少しずつ進行するのが特徴となっています。はじめは栄養分が少なくなってしまうことにより毛が細くなってしまったり太く成長する前にすぐに抜け落ちてしまったりするようになります。しばらくするとヘアサイクルが完全に乱れてしまうため髪のボリュームが失われてしまい地肌が透けて見えるほど毛が少なくなってしまいます。

このAGAは皮膚科で治療をすることで改善します。AGA治療ではプロペシアやザガーロなどの薬を使用してテストステロンがジヒドロテストステロンへと変化するのを阻害することでヘアサイクルを改善します。ザガーロやプロペシアの脱毛抑制効果は極めて高く、継続して治療を続けている間はAGAの進行をほぼ完全に抑え込むことができると評判です。AGA治療のプロセスは人によって大きく変化するのが特徴です。投与すべき薬の種類をはじめ分量や薬の組み合わせなどは治療経過によって異なるためAGA治療の薬は必ず皮膚科で処方されたものを使用することが大切です。このAGA治療は早期に始めるほど効果的となっています。そのため薄毛症状が気になり始めた方は皮膚科でAGA治療を始めましょう。