トイレのつまりを未然に防ぐ!

トイレのつまり!冬場は凍結で被害拡大!

トイレのつまりは、高額な修理費用が掛かるだけでなく、配管にまでダメージが及ぶと一定期間使用できなくなるといった問題があります。これが自宅のトイレであれば、影響は非常に大きくなり、日常生活もままならなくなります。ですが、トイレのつまりは特に冬場は要注意です。
寒暖の差が激しく、トイレ内自体が氷点下まで下がる場合、水が凍結してしまいつまりが発生するということがあります。ですが、既につまりが発生し易い、もしくは発生しているといった場合は、便器自体が破損するケースがあります。また、排水管自体も凍結してしまい、亀裂が生じる可能性もあります。
凍結により便器自体が割れることがあり、復旧まで時間を要してしまいます。また、排水管から汚水が逆流してしまい、トイレ内の清掃にも手間を要します。そのため、冬場はトイレのつまり防止と破損防止という点から、氷点下にならないように対策することをおすすめします。
特に便器内の水がこおるケースが多いという家庭の場合は、就寝前に温風ヒーターなどで加温する、温水便座ならカバーを占めて保温することで凍結によるつまりや破損を防ぐことが可能です。また、朝使用する前は適度に暖かいお湯を流してから使用することで氷が排水管に流れるという問題が解決することが可能です。

吸水性ポリマーは即トイレのつまりに!

トイレのつまりは、水に溶けにくい紙を流す意外にも原因があります。トイレットペーパー自体は、水に溶けやすく、水分を含むと繊維がバラバラになります。ですが、トイレに設置している消臭剤をトイレに絶対に流してはいけません。

消臭剤として、ビーズタイプのものを設置するのは子供がいる家庭ではおすすめ出来ません。ビーズタイプの消臭剤には、吸水性ポリマーが使用されており、乾燥して体積が小さくなったとしても、水を吸収することで一気に膨張してしまいます。子供がいたずらして、このビーズを便器に入れてしまうことで、便器内の水が吸収されてしまい、トイレがつまってしまいます。また、捨てるのが面倒だからといってトイレに意図的に流すことも絶対に避ける必要があります。

吸水性ポリマーは、大量の水分を吸収することができ、形も変幻自在です。便器内として排水管内にびっちりと付着してしまい、水の流れを阻害してしまいます。その結果、つまりだけではなく、流した水が逆流してしまうだけでなく、除去することにも手間が掛かってしまいます。

そのため、トイレにはこのような問題を未然に防止するため、吸水性ポリマーを使用した消臭剤は設置しないことをおすすめします。

choices contents

  • 予めの業者選びは重要です

    トイレつまりが起きた際の修理業者の選び方 私たちの生活に欠かせないトイレがつまってしまうと、非…

    » 続きはコチラ

  • トイレつまりの傾向と対策

    排水経路は別に!大量の排水でトイレがつまる! 住宅を建てる際、排水経路を集約することがあります…

    » 続きはコチラ

  • トイレのつまりを未然に防ぐ!

    トイレのつまり!冬場は凍結で被害拡大! トイレのつまりは、高額な修理費用が掛かるだけでなく、配…

    » 続きはコチラ

  • 原因を明らかにして明日からの対策

    異物に注意!トイレのつまりは未然に防ごう トイレがつまると本当に大変ですね。トイレは通常、普通…

    » 続きはコチラ