トイレつまりで考えられる様々な要因

トイレのつまり原因!節水対策グッズかも!

トイレのつまりは、トイレが使用できなくなるという問題だけではなく、高額な修理費用を請求されれる可能性があります。普通に使用しているのに、何故かつまりが発生するという場合は節水対策グッズを疑う必要があります。そもそも、トイレはタンク内に貯められた水で洗浄される設計となっており、細工をしてしまうと設計上の洗浄力が失われてしまいます。

古いトイレの場合、必然的に水量は多くなり、ある程度の余裕を考慮した設計となっています。ですが、タンク内にペットボトルを沈めてかさ増しするのは、つまりの原因となってしまいます。特に最新型のトイレの場合、既に節水型となっているため必要最小限の水量での設計となっており、少しでも水を減らしてしまうとつまりが発生してしまいます。

そのため、節水のためにトイレの水量に手を入れることはリスクが高く、節水で得られる効果に比べ、修理費用の方が圧倒的に高くなってしまいます。

もし、トイレのつまりを発生させず節水を検討するのであれば、流すのと同時に供給される水の量を調整するのがおすすめです。タンク内から水を流すのと同時に水が供給されてしまいます。この供給量を抑えることでトイレのつまりを発生させず、節水も可能です。市販される節水対策グッズはトイレのつまりに対する効果が無いものが多く、注意が必要です。

トイレに食べ物の残りを流していませんか?

トイレのつまりは、トイレ自体が使用できなくなり、高い修理費用が発生することだけでなく、悪臭の原因となってしまいます。綺麗な水が流れない分、便器内でバクテリアが発生し、衛生的にも良くありません。無謀な節水をしていないのにも関わらず、トイレがつまる場合、食べ物の残りを流していないか疑うことが重要です。

食べ物の残りいわゆる生ごみに処理に困り、『トイレに流してしまえ』と考えることがあります。確かに、流れはするものの、カップラーメンなどの残りには油分が含まれ、冷やされることで固形化してしまうものがあります。トイレに流すことで、配管内に油分が付着してしまい、人間でいう血管にコレステロールが付着するという状況になります。

子供が内緒でトイレに生ごみを流してしまうことの他、会社であれば休日出勤の際にカップラーメンの残りを流していることもあります。

そのため、配管のつまりが疑われる場合は、予防対策として絶対に食べ物の残りは流さないこと、そして処分場所を準備することが重要になります。食べ物だから生分解性があるというのは間違いであり、バクテリアが繁殖してしまいより配管のつまりも悪化させてしまうことがあります。先ずは、このような要因を排除することが肝心です。

一都三県はサービススタッフが訪問いたします! 水回りのホームドクターとしてベストな提案をいたします。 もしもの場合も安心のPL保険に加入しております。 深夜料金は7,000円いただきます。(一都三県のみ対応) 200人以上の社員を配備し、毎月研修を行っています。 一都三県は、24時間駆けつけも対応しております。水漏れ・つまり・水道に関するトラブルはお任せください。 トイレつまりでお困りの方はこちらから

choices contents

  • トイレのつまりを未然に防ぐ!

    トイレのつまり!冬場は凍結で被害拡大! トイレのつまりは、高額な修理費用が掛かるだけでなく、配…

    » 続きはコチラ

  • 予めの業者選びは重要です

    トイレつまりが起きた際の修理業者の選び方 私たちの生活に欠かせないトイレがつまってしまうと、非…

    » 続きはコチラ

  • 原因を明らかにして明日からの対策

    異物に注意!トイレのつまりは未然に防ごう トイレがつまると本当に大変ですね。トイレは通常、普通…

    » 続きはコチラ

  • トイレつまりの傾向と対策

    排水経路は別に!大量の排水でトイレがつまる! 住宅を建てる際、排水経路を集約することがあります…

    » 続きはコチラ